先週の土曜日は雨でしたが、写真の撮影会に行きました。

 風景写真を撮るので三脚にカメラを付けて、肩に担ぐような形で山道を歩きます。

 雨の中をこのような格好で歩くのは非常に大変ですが、機材を雨にさらすわけにはいきませんので、自分は濡れてもカメラは濡らさないようにして歩きました。

 いまのカメラは一眼レフのカメラも含めてデジカメが圧倒的に多いのですが、デジカメは撮った後にある程度の画像加工ができます。

 カメラにもよるのですが、画像の色合いや明るさは自由に変えることがいできます。 

 しかし、手プレといってシャッターを押した時の手の細かい震えで発生する画像のひずみはデジカメでも直すことはできません。

 そのため、雨の日であっても三脚は必需品です。

 

 しかし、カメラと三脚で3キロほどあります。しかも傘をさしてリュックサックを背負っていたので、体には負担がかかったと思います。

 撮影中は夢中で気になりませんでしたが、終わって帰るときはぐったりしました。

 翌日は両腕と両足が筋肉痛です。昔はこんなことはなかったのにと思いましたが年には勝てません。

 築地のおいしいお寿司はこちら
金太楼鮨 錦糸町店

未分類